« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の5件の投稿

2014年1月13日 (月)

冬眠中な猫

Photo

ふぁ~o**
2
まだ早かったみたい。
今年の初夢は何でしたか?

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

嚥下障がい者向け食事~お節料理~

Photo_4

<栗>
A 栗100%の栗きんとん 適当
B 栗の甘露煮・蜜 適当

1.A、Bをミキサーにかけ裏ごしする。水分の調整は、栗の甘露煮の蜜でする。水は入れない。
2.スプーンですくって栗の型のように盛り付ける
3.余った分は冷蔵庫で保存する。

<黒豆>
1.黒豆をたく
2.皮を取って、ミキサーにかけ裏ごしする。水分の調整は、黒豆を煮た時の汁を使う。水入れない。
3.スプーンですくって黒豆の型のように盛り付ける
4.余った分は冷蔵庫で保存する。

<人参>
Photo

1.人参を煮てからミキサーにかけ裏ごしをする
2.1を鍋に移して、だし・調味料・粉寒天を入れて熱を加える。
粉寒天は、しっかり熱を加えないと固まらない。
3.2をラップに平らに伸ばして、冷めて固まったら一口大に分けてラップに包む
4.冷凍しておく(保存のため)

※3の時に、冷めて固まった時点で型抜きをする方法もあります。
うどんの彩りにも。

<れんこん>
1.れんこんを煮てミキサーにかけ裏ごしする。水分の調整は、煮汁やだし汁でする。水は入れない。
2.丸い型に裏ごししたれんこんを入れ、そっと型を抜く。
3.丸い棒でれんこんの穴の形を作る。

参考資料:ライフサイエンス出版・病院の栄養士が考えた美味しい嚥下食レシピ「一緒に食べよ!」
医療給食やヘルパーの方にも教えていただきました。
本当にありがとうございました。

| | コメント (2)

嚥下障がい者向け食事~お餅~

大根餅

Photo_8

↓温めすぎて溶けている状態↓
Photo_7

こちらは、和子の暮らしエンジョイ 介護食用のお餅 作り方 レシピ を参考にしました。すごく助かりました。ありがとうございました。

↓のしもち状態↓
Photo_9

| | コメント (0)

嚥下障がい者向け食事~うどん~

年越しうどん(長芋うどん)

Photo

材料:1人前
うどん・・・冷凍長芋(医療給食) 2カップ
人参 適量
ほうれん草 適量
和風あん
粉寒天

<うどん>
1.冷凍長芋を冷蔵庫で5時間以上解凍しておく
2.1を電子レンジで溶けるくらいに温める(目安:500Wで40秒)
3.2を四角い容器にラップに敷いて平らに入れ、再度冷蔵庫で冷やして固まったら細く麺のように切る

<人参・ほうれん草>
Photo_3

1.人参・ほうれん草をそれぞれ煮たり茹でたりしてからミキサーにかけ裏ごしをする
2.1をそれぞれ鍋に移して、だし・調味料・粉寒天を入れて熱を加える。
粉寒天は、しっかり熱を加えないと固まらない。
3.2をラップに平らに伸ばして、冷めて固まったら一口大に分けてラップに包む
4.冷凍しておく(保存のため)

※3の時に、冷めて固まった時点で型抜きをする方法もあります。
お節料理にも使えます。

<和風あん>
材料:
水 180ml
醤油 18ml(1g→18mlの間違いでした。申し訳ありませんでした。)
砂糖 6g
だしの素 1.2g
ソフティアゲル3g(とろみ剤の一種)

たくさんできるので、使う分以外は小分けして冷凍しておくと便利です。
お餅にかけてもおいしいです。

参考資料:ライフサイエンス出版・病院の栄養士が考えた美味しい嚥下食レシピ「一緒に食べよ!」
医療給食やヘルパーの方にも教えていただきました。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年

201411

今年は、昨年祖父が亡くなったため年賀状は失礼させて頂きました。

皆さまにとって良き年でありますようお祈り申し上げます。


私は今回嚥下がかなりひどいので、年末年始のお料理をどうしようかと思っていました。
年越しうどん、お餅、お節料理・・・。どれも無しかな、と思ったけれど、実現しましたhappy02

近いうちに、レシピをブログに乗せたいと思います☆

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »